馬形ゾイド「オルディオス」とは?

ゾイドは「メカ生体ゾイド」玩具シリーズとして長年にわたってファンを魅了し続けています。日本の玩具メーカーが手がけましたが、アメリカでも展開され、西ドイツやイギリスでも高い人気を獲得しました。組み立てて楽しむおもちゃというコンセプトにこだわり、世界観などのバックグラウンドも設定されています。馬形のゾイドとして人気の「オルディオス」とは、どのようなゾイドなのでしょうか?

「知るともっと楽しめる!ゾイドの歴史や設定」


ゾイドとは?

ゾイド(ZOIDS)とは、タカラトミーが展開している玩具です。ゾイドと言う名前は、動物のアンドロイドという意味のZOIC ANDROIDSに由来して命名されました。動物だけではなく恐竜などもモチーフとして取り入れた組み立て玩具の一種です。

通常のプラモデルとは異なり、モーターやゼンマイ駆動などを取り入れ、歩行などのギミックを可能にしているのが大きな特徴です。1980年代頃から男児を中心にゾイドブームが起こり、現在も新ファンだけではなく子供の頃リアルタイムでファンだった大人も夢中になっています。

ゾイドの特徴としては、ただ玩具として販売するだけではなく、世界観としてストーリーをつくりバックグラウンドを設定したという点です。ゾイドのストーリーは、太古の時代に地球に飛来した「ゾイドコア」から金属の体と動物の心を持つメカ生命体・ゾイドが生まれたことから始まります。

その後、アニメへの展開によってストーリーはゾイド星という架空の惑星で起こる共和国と帝国の戦いという設定によって世界観がより高まっていきました。ゾイド単体で楽しむこともできますし、ストーリーも楽しめる玩具として人気です。

こんなにある!ゾイドシリーズ

ゾイドには様々なシリーズがあり、日本では第1期と第2期で主力となる1/72スケール組み立てキット・ゾイドの前身としてのメカボニカシリーズ・架空の兵器である24シリーズ・第3期に登場した1/35スケール組み立てキットシリーズなどがあります。

海外版のシリーズとしては、メッキを多く使用しているZOIDS2・水色と緑をベースカラーとしたカラーリングが特徴のROBOSTRUX・イギリスで1980年代に発売されたZOIDS/SUPERZOIDS・アメリカで発売されたTECHNO ZOIDS・アメリカで発売され、日本でも一部が限定発売されたZOIDS(Hasbro)などがあります。

関連商品としては、ゾイドをSD化したミニカーのゾイコロ・組み立て式の消しゴムでシャープペンシルをミサイルとして装着できるゼブラゾイド・ゼンマイの仕掛けで歩く時代劇風にデフォルメされた組み立てゾイドが付属された食玩のガタローガム・ジュニアゾイド・組み立て式食玩のゾイドガム・カプセルトイのCDゾイド・ゾイドのシールがおまけに付いたメカ生体ゾイドウェファーチョコ・金銀銅のコインが封入されたゾイドスーパーメタリックコインコレクション・缶状のケースにゾイドが封入されているゾイドの缶詰・トレーディングカードのゾイドトレーディングコレクション・子供靴のゾイドシューズ・固定完成品ジオラマフィギュアのゾイドフューザーズジオラマアートなどがあります。

このようにゾイドシリーズは組み立て玩具の一つのシリーズとして発売されましたが、その後海外でもシリーズ展開され、日本国内でも多くの関連商品が発売されました。そのためゾイドはコレクションとしても人気で、収集しているコレクターもいます。

ゾイドの魅力とは?

ゾイドの魅力は、機械と生体の融合にあります。単なる戦車や戦闘機ではなく、ゾイドはあくまでメカ生命体という新しいコンセプトとして打ち出されました。さらにモーターなどによるギミックを施すことで動きも演出しました。

第3期にあたるゾイドワイルドでは、骨格形態と呼ばれる骨格標本のような状態のゾイドを作ります。その次に、骨格形態にアーマーを装着して完成させるという二段方式で楽しめるゾイドとして発表されました。骨から作り上げていく新しいゾイドシリーズは生命を創造するというテーマがプラスされ、子供だけではなく大人のファンにも大好評です。

またゾイドは徹底して「動き」にもこだわっているところも魅力の一つです。そのゾイドにふさわしいリアルな動きを追求している点が、他の玩具には見られないゾイドの特徴でもあります。人間が動かすのではなくゾイド自身が動くことによって、より生命体というコンセプトを強調することに成功しています。

飾っていてもかっこいい、動いてもかっこいという点が人気の理由の一つです。

馬形ゾイド「オルディオス」とは?

ゾイドには様々な動物や恐竜がモチーフのものがありますが、中でも人なのが馬形ゾイド「オルディオス」です。

馬といっても正確には、羽の生えた馬のペガサスがモチーフのゾイドです。オルディオス(ORUDIOS)は形式がRPZ-018、ヘリック共和国所属のペガサス型空戦用ゾイドです。

ガイロス帝国所属のワイバーン型超巨大戦闘飛行ゾイドであるギル・ベイダーのライバルとして開発されました。胴体が馬のため陸上での機動力も高く、ペガサス型の特徴として翼での飛行も可能にしています。オルディオスの翼は飛行能力に加えて、超電磁エネルギーを集約する役目も持っています。

翼に集約されたエネルギーはグレートバスターからビームキャノンとして放出されます。高い機動スキルを持ち陸上と空中の両方の戦闘において優れた能力を発揮するオルディオスは、相打ちではあったものの無敗であったギル・ベイダーを倒したため「共和国の救世主」と呼ばれるようになります。

オルディオスはペガサスのフォルムや白・赤・青のカラーリングが美しく造形的にも人気のゾイドです。

ゾイドはアニメやゲームでも楽しめる!

ゾイドはバックグラウンドのストーリー展開も人気ですが、アニメ化やコミカライズ、ライトノベル、Webコミックなどメディアでの展開も盛んです。ファミコンやゲームボーイ、ニンテンドーDS、プレイステーションなどでもゲームとして発売され、ゲームからゾイドのファンになったという人も多くいます。

特にアニメはゾイドによるバトルシーンなどに迫力があり、実際にゾイドの玩具で子供が遊ぶときなどにアニメのイメージが還元されるという相乗効果もありました。ゾイドを組み立てること、完成したゾイドで遊ぶこと、ゾイドを収集したり飾ったりすること、ゾイドの世界観やストーリーを楽しむことなど様々な楽しみ方ができます。

あくまでゾイドシリーズの中心は組み立て玩具ですが、よりゾイドの世界を楽しむためにアニメやゲームなどを楽しむのもオススメです。