■ TownLife ■


兵庫県三田市は、城下町の面影が残る旧市街地と山あいに続く農山村部、
そして80年代から整備が始まったニュータウンが共存する、11万人が暮らすまち。
そこで配布されているフリーペーパーで、
2000年から5年間にわたり、表紙イラストを担当しました。


毎月の内容は、三田での暮らしを通して気がついたもの…
たとえば稲穂の香りや、冬の刺すような冷え込みを肌で感じとりながら、
自分なりの季節感を描きとめるよう心がけました。

描いたものの中には、すでに消えたものが少なくありません。
通り過ぎれば何気ない風景たちですが、
激しい変化に対して、まちというものは、あまりに無力であるようです。


- 春 -
        
( L to R )
「となりの花は」  「遊泳」  「支度」  「ファミリー」  「べスパ」



- 夏 -
        

「青野川にて」  「モブシーン」  「雨あがり」  「カーブの神社」  「意思表示」


- 秋 -
        

「モーメント」  「駆ケ抜ケル」  「8:27p.m.」  「夕餉前」  「メシ!」



- 冬 -

        

「納期」  「ほのか」  「定刻」  「舞」  「屋敷町」






profile  blog  gallery  books  contact

(C)2005-2010 Takeo Tsunamoto